キッチンカーで開業するには?必要な資格や資金相場まで詳しく解説

キッチンカーは、実店舗よりも安価に開業できるビジネスとして最近人気を集めています。

しかし、「開業するときに気をつける点はなんだろう」などの悩みを持つかもしれません。

本記事では、

・キッチンカー開業までのステップ

・キッチンカーの入手方法

・キッチンカー開業の費用相場

・開業時に気をつける点

について、詳しく解説します。

これからキッチンカーの開業を考えている方には必見の内容です。ぜひ最後までご覧ください。

監修者 池田 拓矢

キッチンカーの窓口代表。1990年生まれ。2015年4月にキッチンカーで全国営業を開始し、月250万の売上を上げるまでに飛躍。キッチンカー業者として働いた経験と、苦戦から脱却できたノウハウを活かし、業界に足りていない仕組みを補い業者に寄り添った仲介会社になるべく、2018年9月にキッチンカーの窓口を始動。詳しいプロフィールはこちら

監修者 池田 拓矢

キッチンカーの窓口代表。1990年生まれ。2015年4月にキッチンカーで全国営業を開始し、月250万の売上を上げるまでに飛躍。キッチンカー業者として働いた経験と、苦戦から脱却できたノウハウを活かし、業界に足りていない仕組みを補い業者に寄り添った仲介会社になるべく、2018年9月にキッチンカーの窓口を始動。

目次

キッチンカーで開業するには?6ステップに分けて解説

キッチンカーで開業するまでには、大きくわけて6つの段階があります。

・事業計画を立てる

・販売するメニューを決める

・出店場所・仕込み場所を決める

・キッチンカーを手に入れる

・営業許可を取得する

・開業に向けて準備する

事業計画やメニュー選定など、キッチンカーで利益を得るために重要な項目も多いです。

それぞれの項目について、以下で詳しく解説します。

事業計画を立てる

まずはキッチンカーのコンセプトを決め、事業計画と資金計画を立てます。

キッチンカーは最近人気のビジネスのため、コンセプトが明確でないと競合との区別がつかず、リピーターを獲得しづらくなるかもしれません。

事業計画を立てる際には、以下の項目を検討しましょう。

・ターゲットは誰か

・出店場所の候補、エリア

・提供したい料理

・開業資金、運営経費の概算

・売上見込み

特に融資で資金を調達する場合は、審査で事業計画書の提出が必要なため、より具体的な計画が必要です。

事業計画が明確だと今後も進めやすく、キッチンカーの運営もしやすくなるでしょう。

販売するメニューを決める

事業計画を立てると同時に、キッチンカーで販売するメニューを決めます。キッチンカーの限られたスペースや設備で調理できるメニューの考案が必要です。

ただし、「売りたいメニュー」と「売れるメニュー」は違うことを忘れてはいけません。たとえ美味しくてもオペレーションに時間がかかる場合は、スピード勝負のキッチンカーでの販売には不向きです。

「その場で手軽に食べられる」「持ち帰って食べる」「素早く提供できる」など、キッチンカーの需要を理解したうえでメニューを考えましょう。

出店場所・仕込み場所を決める

提供するメニューを決めたら、出店場所と仕込み場所を確保します。

出店場所は、キッチンカーの想定しているターゲット層が多く来る所を選びましょう。家族連れがターゲットならショッピングモール、休日の公園などが挙げられます。サラリーマンをターゲットにするならオフィス街、学生向けなら大学などの学校に出店すると良いでしょう。

また、キッチンカー内部での仕込みは許可されないことも多いため、仕込みが必要なメニューを提供する場合は仕込み場所を確保する必要があります。

仕込み用の物件を借りる、複数人と仕込み場所をシェアするなど、いくつか方法があるので事前に確認しましょう。

キッチンカーを手に入れる

キッチンカーでの販売には、店舗となる車両を準備しなければなりません。

キッチンカーを手に入れる方法は主に3つあります。

・新車購入

・中古車購入

・レンタル、リース

予算に合わせて自分に合った方法を選びましょう。

キッチンカーを手に入れても、そのまま使えるとは限りません。たとえ中古のキッチンカーを購入した場合でも、商品に合わせて設備を改造する必要があります。

使いやすく改造しても営業許可の基準に合わなければやり直しになるため、事前に出店地域の保健所の担当者と相談してから改造するのがおすすめです。

営業許可を取得する

キッチンカーが準備できたら、出店地域を管轄する保健所で営業許可を取得します。キッチンカーは食品を扱うため、飲食店営業の営業許可が必要です。

営業許可は、保健所でもらえる申請書類を提出して、施設検査に合格すると取得できます。

施設検査にはいくつか基準があるため、保健所の担当者に基準を確認してからキッチンカーを改造すると、検査をスムーズに通過できるでしょう。

また、販売するメニューによって必要な設備が変わる点も注意が必要です。

施設検査は事前に保健所の担当者とスケジュール調整が必須で、再検査の可能性もあります。営業許可の申請は余裕を持って行いましょう。

詳しくはキッチンカーで販売するための営業許可とは?取得費用から流れまで解説の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
キッチンカーで販売するための営業許可とは?取得費用から流れまで解説 キッチンカーで販売を行うには、保健所に申請して営業許可を取る必要があります。 営業許可は「難しそう」「大変そう」というイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、...

開業に向けて準備する

保健所から営業許可が下りたら、開業に向けての準備を行います。

開業後すぐにお客様を確保するためにも、集客活動は必須です。集客の手段には、チラシの配布やホームページの開設、SNSの活用などがあります。

出店場所が明確な場合、近隣へのチラシ配りが効果的です。クーポンをつけると、開店当初に一定の集客が見込めるかもしれません。

ホームページやSNSを持っていると、「いつ」「どこに」出店しているかをお客様に伝えやすいため、リピーターの獲得もしやすいでしょう。

集客活動と同時に、設備点検や食材、容器の手配などの開業準備も忘れずに行います。

開業には必須!キッチンカーを手に入れるには?

キッチンカーでの営業には車両を手に入れる必要がありますが、入手方法は主に3つあります。

・中古で購入する

・新車のキッチンカー製作を依頼する

・レンタルやリースで手に入れる

それぞれのメリット、デメリットを詳しく紹介していきますので、解説を参考にしながら自分に合った方法でキッチンカーを入手しましょう。

中古で購入する

中古のキッチンカーを購入するメリットは、主に以下の3つです。

・初期費用を抑えられる

・納期が短い

・改装済みのためすぐに営業を始められる

中古車のため新車より安く、改装済みのキッチンカーを購入すれば改装費も不要です。また、改装が済んでいるため早く営業を始められます。

しかし、希望の設備が搭載されていなかったり、車両の整備状態が悪かったりする可能性もあります。新車より故障のリスクも高いです。

初期費用を抑えたい場合や、条件の良い車両が見つかった場合は中古車もおすすめです。

新車のキッチンカー製作を依頼する

新車のキッチンカーを製作するメリットは、主に3つあります。

・理想のデザインや仕様にできる

・メンテナンス費や修理費が安い

・耐久性や安全性が高い

新車キッチンカーの最大の利点は、設備やデザインを自分好みにカスタマイズできる点です。また、中古車と比べて耐久性や安全性が高く、修理費や整備費は抑えられる傾向にあります。

弊社でキッチンカーを制作した「まんぷくキッチンカー様」は、鉄板を設置しており、ご要望に沿ったオリジナルのカスタマイズを行なっております。

まんぷくキッチンカー様のキッチンカー内に設置した鉄板
あわせて読みたい
神奈川県横浜市の【まんぷくキッチンカー様】のキッチンカーを製作させていただきました。 弊社でキッチンカーを製作した「まんぷくキッチンカー様」にインタビューさせていただきました。 【】 https://www.youtube.com/watch?v=XN3ZYUT4xM8 【キッチンカーを...

ご自身の思い描く理想のキッチンカーを作りたい方はぜひ一度ご相談ください。

新車のため車両代と改造費がかさみ、初期費用が高くなります。また、車両の改造に時間がかかるため、納期も中古のキッチンカーより長くなることが多いです。

初期費用はかかりますが、新車のキッチンカーはランニングコストを抑えやすいでしょう。

レンタルやリースで手に入れる

キッチンカーをレンタル・リースするのも有効な手段です。キッチンカーをレンタルやリースするメリットは、主に3つあります。

・初期費用が抑えられる

・リスクを抑えられる

・手軽に始められる

レンタル、リースの場合、初期費用は購入するよりも格段に抑えられます。車両の故障や損傷もレンタル会社で補償してもらえるため、リスクを抑えて気軽に営業を始められるでしょう。

しかし、月々のコストがかかるうえ、営業場所や営業時間を制限されることもあり、自由度も低くなりやすいです。

初期費用や維持費を抑えてキッチンカーでの販売を始められるのは、レンタル・リースの大きなメリットです。

弊社でもキッチンカーを1日2万円からレンタルしております。

キッチンカーの窓口のレンタルキッチンカー(1日あたり2万円)

一度、お試しでキッチンカーを利用してみたい方はお気軽にご相談ください。

キッチンカーで開業するために必要な資格・許可とは?

キッチンカーで開業する際には、取らなければいけない資格や許可が5つあります。

・食品衛生責任者

・保健所の営業許可

・運転免許

・販売場所の出店許可

・特殊用途自動車の登録

必要な資格や許可が多くて大変そうに感じるかもしれませんが、一つ一つ取得していけば問題ありません。

以下で順番に詳しく解説していきます。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、食品の製造・販売を行う際に必要な資格です。自治体により規定が異なりますが、飲食店1店舗につき1人以上の配置が義務づけられています。

キッチンカーも食品を扱うため、食品衛生責任者を1人以上配置しなければなりません。

食品衛生責任者の資格取得には、各自治体が実施している食品衛生責任者養成講習の受講が必要です。受講費用は10,000円程度です。

ただし、以下の資格を持っている場合は講習が免除となり、申請のみで資格取得できます。

・栄養士
・調理師
・製菓衛生師
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者等の有資格者

保健所の営業許可

キッチンカーで営業するには、出店地域を管轄する保健所で「飲食店営業許可」を取得する必要があります。

2021年6月の食品衛生法改正により、キッチンカーの営業許可は「菓子製造業」「喫茶店営業」が無くなって「飲食店営業」に一本化されました。

キッチンカーの車内では調理を行わず、既製品の販売のみを行う場合は「営業許可」は不要ですが、食品販売の「営業届出」が必要です。

営業許可の取得には、定められた設備基準をクリアしなければなりません。基本的に全国で統一されていますが、管轄の保健所によって違う部分もあるため、必ず保健所の担当者に確認しましょう。

運転免許

キッチンカーの営業には運転免許が必要ですが、車種によっては特別な免許ではなく普通免許で運転できる場合もあります。

ただし、免許の取得時期によって普通免許で運転できる車両の総重量が異なるため、注意が必要です。以下の条件を確認しましょう。

・2007年6月1日までに取得:車両総重量8t未満

・2007年6月2日~2017年3月11日までに取得:車両総重量5t未満

・2017年3月12日以降に取得:車両総重量3.5t未満

事前に自身の免許取得時期と運転できる車両の種類を確認しておきましょう。

その他

上記3つの資格、許可のほかに、営業するにあたって必要な許可を2つ紹介します。

・販売場所の出店許可

・特種用途自動車の登録

それぞれについて、詳しく解説していきます。

販売場所の出店許可

キッチンカーは営業許可があればどこでも販売してよいわけではなく、営業したい場所で出店許可を得る必要があります。

出店許可の申請先は、出店場所を管理する会社です。ショッピングモールの敷地ならショッピングモールの運営会社、大学のキャンパスなら大学に出店許可を申請します。

また、道路を使って営業する場合は、警察署で「道路使用許可」の取得が必要です。無断で販売すると駐車違反になるので注意してください。

キッチンカーで販売する際には、出店したい場所のオーナーに交渉して出店許可を得るのが必須です。

特種用途自動車の登録

キッチンカーは、特種用途自動車である8ナンバーの取得は必須ではなく、普通貨物車ナンバーや小型貨物車ナンバーでも登録可能です。

特種用途自動車とはいわゆる改造車のことで、パトカーなどの緊急車両や給水車、ミキサー車などが該当します。

キッチンカーを特種用途自動車ではなく、普通貨物車や小型貨物車で登録していると、車検の際に内部の設備を全て取り外す必要があります。

特種用途自動車の8ナンバーで登録しておくと、キッチンカーの設備を取り外さずに車検を受けられるため、長い目で見るとおすすめです。

キッチンカーを開業するときの費用相場は?

キッチンカーを開業するときの費用相場について、疑問や不安を抱く人は多いでしょう。

キッチンカーは実店舗の飲食店よりも初期費用を抑えて開業できると言われていますが、数百万円単位の費用が必要になります。開業資金を貯めたり借りたりするのが難しそうだと感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

以下でキッチンカー開業費の相場と、資金調達方法を4つご紹介します。具体的な方法を知ると、「これなら自分にもできそうだ」「具体的な貯金目標が立てられそう」など、ポジティブに考えられるでしょう。

理想と照らし合わせながら、自分にとって最適な方法を選んで開業準備を進めていけるよう、ぜひ以下の内容を参考にしてください。

開業費相場

キッチンカーの開業に必要な費用の目安は、300万〜500万円ほどです。大まかな内訳は以下の通りです。

・車両購入費:100万〜200万円

・交通費:1万~2万円

・食材費:2万〜5万円

・設備費:10万〜20万円

・営業許可取得の費用:7万〜10万円

・広告宣伝費:2万〜5万円

・消耗品費:5万〜10万円

・装飾費:5万〜10万円

キッチンカーの開業費用で一番大きな割合を占めるのは車両購入費ですが、設備費や装飾費などさまざまなコストがかかります。できるだけ正確に見積もりを出して、無駄を省くように心がけましょう。

資金調達方法

キッチンカーを開業するための資金調達方法は、主に4つあります。

・自己資金を貯める

・融資を受ける

・ローンを組む

・補助金を活用する

どの方法もメリット、デメリットがあるため、自分の現状に合った方法を選びましょう。

以下でそれぞれの資金調達方法について詳しく解説します。

自己資金を貯める

自己資金で開業するメリットは、ローンや融資のように返済が必要ないことです。

月々の支払いに追われなくて済むため、既に十分な資金が貯まっている方にはおすすめです。

しかしこれから資金を貯めようとしている場合、貯金ができるまでにライバルが増えて参入しづらくなったり、モチベーションが下がったりするリスクがあります。

リスクを踏まえた判断が求められるでしょう。

融資を受ける

銀行や日本政策金融公庫から融資を受けるのも良い手段です。1%からの低金利で、キッチンカーの購入以外の事業全般に使えるお金を借りられます。

しかし、審査がやや複雑な点がデメリットです。融資を受けたい場合は、入念な事業計画を立てておきましょう。手続きについての情報収集も必須です。

ローンを組む

キッチンカーは自動車のため、対応している製作会社であれば、キッチンカーを自動車ローンで購入できます。返済義務はありますが、一括で購入するより自己資金に余裕が生まれます。

開業資金のほかに、売上が不安定な場合に備えて運転資金も用意しておきたいものです。自己資金とローンを組み合わせて、余裕を持った資金計画を立てるのがおすすめです。

補助金を利用する

国や地方自治体が出している補助金を活用することも検討しましょう。条件に当てはまれば一定の金額が支給されます。

しかし、今すぐ開業する方や既に開業している方が対象で、いつでも募集しているわけではないのがデメリットです。審査決定まで長時間かかることもあり、審査が必ず通る保証もありません。

補助金ありきではなく、活用できればメリットがあると捉えておきましょう。

詳しくはキッチンカー(移動販売)開業に使える補助金や助成金を紹介の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
キッチンカー(移動販売)開業に使える補助金や助成金を紹介 キッチンカーは、近年注目を集めている新しいビジネスモデルです。初期費用を抑えて始めることができ場所を選ばずに営業できるというメリットがありますが、キッチンカ...

キッチンカーで開業するときの注意点

キッチンカーで開業する際に注意すべき点は主に5つです。

・仕込み場所が必要になる場合がある

・保健所の販売許可は販売する地域で取得する

・出店場所の確保は計画的に行う

・利益が出るような値段設定にする

・悪天候の影響を受けることも想定して計画を立てる

安定した営業のために必要なポイントをまじえて、詳しく解説します。

仕込み場所が必要になる場合がある

キッチンカー内部では仕込み作業ができず、別途仕込み場所が必要な場合もあります。

基準は自治体により異なりますが、切る・混ぜるなど食品衛生上リスクが高い作業をする場合は、仕込み場所が必要なことが多いです。逆に既製品を盛りつけるだけの場合は仕込み場所は不要ですので、販売予定のメニューやオペレーションを具体的に考えておくとよいでしょう。

仕込み場所が必要かどうかは、キッチンカーでの販売地域を管轄する保健所に確認します。仕込み場所が必要な場合、仕込み場所の営業許可も取得しなければならないため注意しましょう。

詳しくはキッチンカーの仕込み場所とは?確保の選択肢と不要な場合まで詳しく解説!の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
キッチンカーの仕込み場所とは?確保の選択肢と不要な場合まで詳しく解説! キッチンカーの仕込み場所は、事業を成功させる上で欠かせない重要な要素です。この記事では、まず仕込みの定義から始め、なぜ適切な場所が必要なのか、そして保健所ご...

保健所の営業許可は販売する地域で取得する

保健所の営業許可は、販売する地域を管轄する保健所で取得しましょう。自宅の最寄りの保健所ではないので注意が必要です。

保健所の営業許可は、出店する都道府県または地域ごとに発行されます。神奈川県で営業許可を受けたキッチンカーが東京都で営業するためには、東京都で改めて営業許可の取得が必要です。

食品衛生責任者も保健所での講習で取得できる資格ですが、食品衛生責任者はどこで取っても全国で有効な資格なので、どの保健所で取得しても問題ありません。

販売地域を変える場合は、新しい地域での営業許可を忘れずに取得しましょう。

詳しくは保健所で取得するキッチンカーの許可とは?取得の流れと注意点も解説の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
保健所で取得するキッチンカーの許可とは?取得の流れと注意点も解説 キッチンカーを開業する時には、保健所から営業許可を取る必要があります。 しかし、「営業許可を取るのが難しそう」「許可を取るために必要なものはあるのか」など、悩...

出店場所の確保は計画的に行う

出店場所の確保は計画的に行いましょう。継続的に利益を上げるためには、お客様が集まりやすい出店場所を見つけて確保するのが重要です。

キッチンカーの利点はお客様が多いところまで移動して営業できることですが、良い場所を見つけるのは難しいうえ、競合が先に出店している場合もあります。特に最初のうちは場所の見当がつけられず、赤字営業になるかもしれません。

良い場所を早期に見つけるためにも、出店場所の確保は計画的に行いましょう。出店場所のオーナーとパイプを作るなど、良い場所で継続的に出店する工夫も大切です。

利益が出るような価格設定にする

商品の価格は確実に利益が出るように設定しましょう。

「なるべく安くしたい」「他店の価格よりも安くする」と安易に価格を下げると、売っても利益を出せず、赤字につながりかねません。逆にあまりに高すぎてもお客様が離れてしまいます。

商品の価格を決める際は、原価を計算して利益が出るように設定しましょう。他店の価格を参考にするのも大切ですが、自分の店とは原価も条件も異なることを忘れてはいけません。

キッチンカーは価格改定が容易な販売形態でもあります。試行錯誤を繰り返して、適切な価格を見つけるのがおすすめです。

悪天候の影響を受けることも想定して計画を立てる

キッチンカーでの営業を始める際には、悪天候の影響を受けることも想定して計画を立てる必要があります。

キッチンカーは屋外で営業するため、売上が天候に左右されやすいです。雨の日や、極端に暑い・寒い日は来客数が少なくなり、売上も伸びにくい傾向にあります。無理に出店しても売上より経費の方が高くなり、赤字になるかもしれません。

しかし、天候のコントロールは不可能なため、たとえ何日か悪天候で売上が落ち込んでも、年間の収支でカバーできるような事業計画を立て、確実に実行するのが大切です。

まとめ

本記事では、キッチンカーの開業までに知っておきたいことを大きくわけて5つ紹介しました。

・開業までに決めておくこと

・キッチンカーの入手方法

・キッチンカーの開業に必要な資格

・キッチンカー開業時の費用相場

・開業時の注意点

キッチンカーは飲食店営業のビジネスのため、開業までに準備することは多いですが、一つずつこなしていけば難しいことはありません。事業計画や資金計画も、丁寧に調査して組み立てれば開業後の安定した運営につながるでしょう。

キッチンカーでの営業を始めようと思ったら、なるべく早いうちに動き出すのがおすすめです。モチベーションが高く、ライバルの少ないうちにアイデアを形にできるように、開業までの必要事項を網羅した本記事をぜひ参考にしてください。

  • URLをコピーしました!
目次